表示方法の細部についての合意事項

項 目 要 件 運用事項
1.識別マーク ・ デザイン:前出
・ 高さ:印刷 6mm以上
    刻印、エンボス 8mm以上
・運用:相似形
・ 色、抜き文字、線幅、スリット、フォント等 の装飾
2.無地容器包装への対応 ・ 無地の容器包装には、直接の「表示」を省略できる。
・ 但し、多重容器包装等の一部である場合は、表示可能な他の容器包装に表示する。
・ 無地とは、容器包装の製造段階で刻印、エンボスが可能な成形工程を有さず、且つ利用、輸入、販売段階で、印刷、刻印、エンボス、シール、ラベルが施されない、無地の容器包装である。
3.表示スペース等 の物理的制約がある容器包装への対応 ・ 一定面積以下,あるいは、表示が困難な場合は、識別マークを付けなくてもよい。 ・ 表示可能面積が50cm2未満であって、既存の 法定表示等があるため、印刷では高さ6mm 刻印、エンボスでは高さ8mmの識別マークが付けられない場合、
・ 技術的に印刷、刻印、エンボスができない 容器包装。
4.多重容器包装へ の対応 ・ 対象となる個々の容器包装ごとに識別マークを付ける。
・ 但し、一定面積以下の容器包装、無地の容器包装については、上記2及び3の対応を準用する。
・ 例えば、紙製の外箱に、プラスチックの個包装がなされている多重包装では、下図のような付け方となる。
(図)
外箱 個包装
5.社名、ブランド名等が印刷された包装への対応 ・ 原則、包装1枚につき1箇所以上識別マークを表示するものとする。
・ 但し,1枚当たりの面積1,300cm2以下の包装については省略できる。
1枚当たり1,300cm2以下の包装についても、技術的に容易であるので、極力、識別マークを付す事が望ましい。
6.輸入品への対応 ・原則、表示を行う。
・ 輸入販売事業者自らが容器包装の素材、構 造、デザイン、印刷等の仕様に関し、指示できる場合、もしくは、商品の容器包装に日本 語表示がある場合、を指す。
7.材質表示、その表示方法
・ プラスチック製の容器包装については、識別表示と併せてそのプラスチックの材質表示を行うことを推奨する。
・ 材質表示は、原則としてJIS(ISO)に準拠する方法を推奨する。
・ 単一材質と複合材質・複合素材を区別できる表示方法を推奨する。
・ プラスチック製の容器包装の材質表示は、JIS K 6899−1が定める樹脂略語と記号を用いて表示する。
・ 複合材質、複合素材においても主要構成材料を含む2つ以上の記号を並べて表示し、且つ主要構成材料の記号には下線を付す。

識別マークに付帯して表示する場合の例:

ポリエチレン
単一材質
ポリプロピレン・ナイロン
複合材質
(主:ポリプロピレン)
PE PP,PA
詳細:
第1図a
詳細:
第1図b
識別マークと材質表示との関係図

細部についての合意事項へ