(速報) 第5回プラスチックイメージ調査(2020年)結果

当連盟は、2003年に初めて全国規模の「プラスチックに対するイメージ調査」を行いましたが、このたび2007年、2012、2016年に続き5回目となる調査を実施しました。

プラスチックは「身近なものであり、役に立っている」という事は当初から多数の方に認識されてはいますが、「環境へのやさしさ、安全性、資源の有効利用」などについては初期には否定的な見方をする方も多数いたことから、プラスチックに関する適正な知識と評価が得られるよう諸活動に取り組んで参りました。

その間に国内においては「容器包装リサイクル法」、「自動車リサイクル法」、「家電リサイクル法」、および「小型家電リサイクル法」などが定着し、また近年では「海洋プラスチック問題」や「地球温暖化」等の地球レベルでのプラスチックに関連した環境問題に対する意識の高まり等もあり、プラスチックを取り巻く社会状況も大きく変化してまいりました。

このような背景を踏まえ、前回調査から4年が経過した2020年に、5回目の定点観測を実施し、この17年間のプラスチックに関する消費者意識の変化を追跡調査いたしました。

前回の2016年の調査結果と比較いたしまして、プラスチックの「身近なものであり、役に立っている」等の良いイメージは高いレベルで定着しているものの、「安全性や環境へのやさしさ、資源の有効利用」については、今回消費者の評価が大きく低下し、概ね初回アンケート(2003年)のレベルに留まりました。

プラスチック業界としてイメージアップのための広報・啓発が必要である事が明らかとなりましので、『プラスチックは限りある化石資源を有効に使って社会に貢献している』ことを広く社会にご理解いただき、 『循環型社会形成に資するプラスチック資源循環戦略の強力な推進』を積極的に行ってまいります。

なお今回の結果解析は日本プラスチック工業連盟でまとめた速報値であり、現在、統計およびマーケティングのご専門家である明治大学商学部の高橋教授に、年齢別、性別、地域別、職業別等の属性別との相関性等も含めた詳細な結果解析をお願いしております。本年11月上旬頃には、本ホームページ上に「高橋教授による詳細な解析結果」を公開できる見込みです。

 

   
・「(速報)プラスチックのイメージ調査(2020年)」