こんにちは!プラスチック TOPへ戻る

プラスチック製品ができるまで

成形工場では、いろいろな成形機械(加工機とも呼びます)を使って、合成樹脂をさまざまな形のプラスチック製品に仕立て上げます。フィルムや袋、あるいはコップからボトル、大きいものではバケツや押入収納容器など、数えきれない程たくさんのプラスチック製品が私たちのまわりを囲んでいます。プラスチック製品がどのようにして作られるのか、簡単に追いかけてみましょう。

圧縮成形

タイ焼きと同じ原理で、金型の中に樹脂を入れ、加熱・圧縮して成形する方法です。熱硬化性樹脂を使用して椀、皿、キャップなどのような立体的な成形品を作るのに使われます。

カレンダー成形

おそばを作るのと同じ原理で、加熱したロールの間で樹脂を練りながら溶かし、何本ものロールの間を通して所定の厚さに引き伸ばして成形する方法です。
フィルム、シート、レザー、板などの広巾の平らな製品を作るのに使われます。

押出成形

ひき肉機のように、注入口から樹脂をシリンダーに入れ、加熱しながらスクリューを回して樹脂を前方に送ります。樹脂は送られながら練られ、溶けて口金から押し出されます。

この機械を押出機と呼びます。口金の工夫で、フィルムやシート、あるいはチューブやパイプなどを作るのに適します。

インフレーション成形

押出機から押し出されたチューブがまだ軟らかいうちに、口金から吹き込んだ空気でふくらませ、薄いフィルムを作ります。ラップフィルムやポリ袋などのフィルムを作るのに適します。ふくらませて作るのでインフレーション成形と呼ばれます。

射出成形

注射器で注射するように溶けた樹脂を、射出機から金型の中に射出・圧入して成形する方法です。立体的な成形品を作るのに適し、密封容器や洗い容器、バケツ、コンテナー、パレットのような大型製品まで広く利用されます。CD、DVDも特殊な射出成型機で作られます。

空中成形

押し出されたばかりのまだ軟らかいチューブを金型ではさみ、上部から空気を入れてふくらませ、型どおりに成形する方法です。各種のボトル、ジョウロ、灯油かんなどを作るのに適します。

熱成形

カレンダー法や押出成形法で予め作られたシートや板を加熱して軟らかくし、型の中の空気を吸いとって、大気圧で、型に押しつけて成形する方法で真空成形といいます。卵パックやトレー、あるいは使い捨てのコップや豆腐ケースのような薄肉容器を作るのに利用されています。

真空成形で型の中の空気を吸いとる時、同時に上から圧縮空気を送って材料を金型に密着させる方法もあり、圧空成形といいます。底の深い製品を作るのに適しています。